ナッツの保存方法

DHC Lifestyle Council、研究員の古賀涼子です。
今週は、美味しくて綺麗&元気になれる【ナッツの魅力!】
東京・自由が丘にあるナッツ専門店、Nuts country
山本克仁さんにお話を伺いました。

今日は「ナッツの保存方法と応用法」について。

非常に栄養価が高いですが、熱と光、湿度に弱いナッツ。
直射日光が当たったり、温度が極端に変化する環境には
置かない方が良いそう。そして乾燥した状態が理想的!

密封したパックに入れて冷蔵庫で保管するのがお勧め。
また、冷凍保存もOK!
ナッツの賞味期限は1〜3ヶ月程度のものが多いですが、
冷凍保存だと半年〜1年ほど美味しく食べることができるそうです。

お話を伺っている山本さんが実践している保存方法は、
「ナッツを蜂蜜漬け」にすること。

煮沸した綺麗な瓶にナッツを入れて、蜂蜜をたっぷり注ぎます。
蜂蜜は殺菌能力が高い優れもの。
はちみつの中に浸かっていればナッツは酸化しにくく、
温度変化も蜂蜜が緩和してくれるので、さらに冷蔵庫で
保管することによって、栄養素を長期間保てるそうです。

甘くカリッとしたナッツの蜂蜜漬け、美味しそうですね!
(※ただし1歳未満のお子さんに蜂蜜は注意してくださいね)

ナッツが湿気を吸って、しんなりした時は、
300ワットの電子レンジであれば3分を目安に温めると良いそう。
オーブントースターなら10分、
フライパンなら油をひかずに5〜10分ほど弱火で乾煎りすると、
カリっとした美味しいナッツに戻るそうなので、
ぜひ試してみてください!

古賀涼子