コロナ禍のウェディング小物

DHC Lifestyle Council、研究員の柳原亜希子です。
今週のテーマは【コロナ禍のウェディング事情】
銀座クチュールナオコ福岡店、ウェディングプランナーの
小宮咲織さんにお話を伺っています。

最近はドレスも小物もナチュラル系がトレンドだそう。
結婚式のアクセサリーと言えばキラキラしたティアラが
王道でしたが、最近は造花のアクセサリーや小枝のデザインなど、
アクセサリーもナチュラル系で統一される方が増えているそうです。

コロナ対策として登場したのが「マスクカバー・フェイスカバー」

マスクカバーは不織布マスクを間に挟むカバータイプで、
高級感のある刺繍が入っていたり、花がデザインされていたり、
ドレスに合わせて装飾とカラーを自由に選ぶ事ができるそうです。

素材もシルクなど光沢感のあるもの、総レースのものなど
高級感たっぷりでドレスにも合わせやすいデザインとなっています。

そしてフェイスカバー。クリアのフェイスシールドを手に持つ
タイプにして、ブライダル仕様にアレンジしたもの。
こちらも色々な装飾がされていて、デザインによっては
花束を持っているかのように見える可愛いらしいもの。

入場の時やお見送りをする時に使うと幸せな表情を見ていただく
こともできますよね。ゲストとお話する時などもフェイスシールドが
あると安心して会話できます。

コロナ禍ならではのウェディング小物。
結婚式を考えている方は、ぜひ参考にしてみて下さいね。

明日は「お客様からの要望・相談」というお話です。

柳原亜希子