日本茶アレンジレシピ!

DHC Lifestyle Council、研究員の宮世真理子です。
今週は【個性豊かな日本茶の世界】というテーマで、
日本茶アンバサダーの佐々木綾子さんにお話を伺いました。

今日は「お茶を使ったレシピ」を教えていただきました。

煎茶や抹茶はごはんに混ぜ込んでおにぎりに!
また天ぷらのころもに混ぜると、お茶の風味だけでなく、
色も楽しめます。コロッケや餃子のタネに混ぜ込むと、
脂っこくなくさっぱり食べられるそうです。

ほうじ茶はパスタソースに加えたり、
トマト系のイタリアンメニュー、また和食だと
角煮や照り焼きなど醤油を使った料理に合うそうです。

とっても簡単にできる佐々木さんおすすめのレシピは、
「お茶塩ポテトチップス」

材料は市販の塩味ポテトチップスと、煎茶もしくは抹茶。
チップスの袋を開け、お好みの量の茶葉を入れ、
袋を閉じてシャカシャカ振るだけ!
飲む以外でお茶を楽しみたいという方におすすめです。

もう一つご紹介いただいたのは「冷やし茶漬け」

お茶の旨味を活かして、味付けは塩のみ!
ポイントはお茶の旨味をしっかり出す
「氷出し」でお茶を作ること。

茶葉を入れたポットに氷だけを入れ、氷が溶ける水分で
じっくり抽出します。こうすると旨味と甘味がしっかり出た
美味しいお茶が出来るそう。

出来上がったお茶にお好みの量の塩で味付けをして
ごはんにかけると、美味しい冷やし茶漬けになるそうです。
暑くなるこれからの季節、ぜひ試してみたいメニューですね。

そしてマイボトルに入れて楽しめる日本茶アレンジ
「デトックスウォーターティー」も教えていただきました。

作り方は、マイボトルにフルーツとハーブまたはスパイス、
そして日本茶のティーパックを入れて一晩置くだけ!

佐々木さんおすすめの組み合わせは

「緑茶ベースにキウイとミント」

「緑茶ベースに柑橘とセージ、レモングラス」

「ほうじ茶ベースにオレンジやみか」

「ほうじ茶ベースにりんごとシナモン」など。

日本茶はハーブやスパイスとの相性がよく、
他にもいろんな組み合わせが楽しめるそう。
中身が見えるマイボトルで作ると、
見た目もオシャレで持ち歩くのも楽しくなりそうですね。

個性豊かな日本茶の魅力
想像の何倍も楽しみ方があって驚きの連続でした!
おうちでゆっくり過ごす時間、仕事やお出かけのお供に
ぜひ美味しい日本茶、召し上がってください。

宮世真理子