お茶の保存方法・活用法

DHC Lifestyle Council、研究員の宮世真理子です。
今週のテーマは【個性豊かな日本茶の世界】
日本茶アンバサダー、佐々木綾子さんにお話を伺っています。

今日は「お葉の保存方法・茶ガラの活用法」をお聞きしました。

未開封の茶葉は冷凍保存がおすすめ!
茶葉の劣化を防ぐことができます。
開封している場合は冷凍保存はNG。
茶筒や茶缶など密閉できる容器に移して、常温保存してください。

冷凍庫で保存していたものを開封する際は、
冷凍庫から出して室温に一晩置くなど、
しっかり常温に戻してから開封するのがポイント
常温に戻さず開けると湿気がついて、茶葉が
しなしなになり美味しさが落ちてしまうそう。

常温に戻したあとは、湿気・光・臭いを避け、
なるべく空気に触れないように保存しましょう。
保存に最適なのはやはり茶筒や茶缶。
最近はオシャレなものもたくさん出ているそうですよ!

開封後の茶葉は、2週間〜1ケ月以内に飲むのがベター。
美味しく楽しむために茶葉の保存方法、工夫してみてください。

そしてお茶を淹れたあとの茶ガラ
捨てるしかないのかと思いきや、色んな活用法があるんです。

お茶の葉は、ビタミンAビタミンEなど水に溶けない
栄養素が豊富なので、そもまま捨ててしまうのはもったいない!
ということで美味しく食べる方法を教えていただきました。

佐々木さんのおすすめはグリーンティースムージー。
グリーンスムージーを作る時、茶ガラも一緒に入れて撹拌するだけ。
ザラつきなどもなく、美味しくいただけるそうです。
そのほか野菜のおひたしなどに混ぜても合うそう。
栄養が取れるだけでなくエコに繋がりますね。

食べる以外に、掃除にも活躍してくれる茶ガラ。
細かいやホコリを吸着してくれるので、
昔から畳の掃除などに使われてきました。

畳だけでなく玄関などに撒いて、ほうきで掃くだけでもOK!
楽に掃除できるうえ、お茶の抗菌作用で一石二鳥。

キッチン掃除にも大活躍で、ティーバッグに入った茶ガラなら、
そのままシンクを磨いてピカピカに!
触りにくい排水溝も、ガーゼやキッチンペーパーに包んた茶ガラを
割り箸などに巻き付けてこすり洗いすれば、
そのまま捨てられて簡単&除菌できますよ。

美味しいだけじゃなく、茶ガラも大活躍する日本茶。
茶ガラの活用法、皆さんもぜひ試してみてください。

宮世真理子