日本茶はどうやって作られる?

DHC Lifestyle Council、研究員の宮世真理子です。
今週のテーマは【個性豊かな日本茶の世界】
日本茶アンバサダー、佐々木綾子さんにお話を伺っています。

今日は「日本茶がどうやって作られるのか」教えていただきました。

日本茶の代表格でもある『煎茶』
不発酵茶である煎茶は、茶葉を摘み取ったあとに蒸すことで
発酵を止め、揉んで、熱風を当てて乾かす・・・
これを繰り返して作られます。
蒸し時間の長さで味や香り、色が変わるので、
蒸し時間は重要なポイントになるんだそう。

最近人気のある『和紅茶』、原材料となる茶葉は同じですが、
こちらは摘み取った茶葉を蒸さずに干して、
水分を飛ばしながら発酵させ、揉んで乾かして作られます。

『ほうじ茶』は、出来上がったお茶をさらに焙煎して
香ばしい風味に仕上げたもの。元は同じ茶葉でも、作り方次第で
様々なお茶に仕上がるのは面白いですよね。

日本茶にはポリフェノールの一種であるカテキン
アミノ酸の一種であるテアニン
ビタミンCなどが含まれています。

カテキンには抗酸化作用、殺菌作用、抗ウイルス作用などが
あるほか、生活習慣病の予防にも効果的と言われています。
美容にも健康にも嬉しい効果がたくさん!

カテキンは高温で抽出したお茶で多く出てくるそうなので、
カテキンをしっかり取り入れたい場合はお湯で淹れた
お茶がおすすめ。ただし高温でお茶を淹れると
カフェインも多く出てしまうので、寝る前に飲む場合や妊婦さん、
お子さんが飲む場合は注意してくださいね。

またアミノ酸の一種テアニンは緑茶特有のうまみ成分で、
リラックス効果があると言われています。
テアニンは低温抽出で溶け出します。
さらに低温だとカフェインが溶け出しにくくなるので、
カフェインが気になる方は低温で水出しするのがおすすめです。

お話を伺っている佐々木さんは、外出の際マイボトルに
水出しの緑茶を入れて、こまめに飲んでいるそう。
美味しいだけじゃなく、殺菌作用や抗ウイルス作用も
期待できるということで一石二鳥ですね!

明日は「日本茶のおいしい淹れ方」教えていただきましょう。

宮世真理子