個性豊かな日本茶の世界

DHC Lifestyle Council、研究員の宮世真理子です。
今週のテーマは【個性豊かな日本茶の世界】
日本茶アンバサダーの佐々木綾子さんに、
日本茶の魅力を伺います。

日本人にとってお茶は身近で日常に欠かせない飲み物。
緑茶や煎茶、玄米茶、ほうじ茶・・・色々思い浮かびますが、
それぞれどう違うのか?意外と知らないものですよね。

日本茶とは「日本で栽培されたチャノキの葉から作られたお茶」
を指します。チャノキ自体は世界各国で栽培されていて、
実は紅茶や中国茶も原料は同じなんだそう。
香りや味も全然違うのに、元となる葉っぱが同じ!
産地や作り方の違いで、それぞれの個性が出てくるんですね。

日本茶と一言にいっても緑茶、ほうじ茶、玄米茶など
いろんな種類があります。

緑茶とは「不発酵茶」のこと。
紅茶やウーロン茶などは茶葉を発酵させて作られますが、
日本茶のほとんどは紅茶のように発酵させず、
蒸すなどの加熱処理をした不発酵茶。

不発酵茶として代表的なのが『煎茶』
ですので緑茶といえば煎茶!というイメージになるそうです。

スイーツなどにも使われ人気がある『ほうじ茶』は、
煎茶や番茶などを焙って作られるお茶。
茶葉の大きさや茎の多さ、焙煎加減などによって
様々な味わいに仕上がります。

『玄米茶』は、煎茶に煎ったお米をブレンドしたもの。
さっぱりしていて、お米の甘さや香ばしさも楽しめるので、
こちらも人気があるそうです。

そして飲むだけでなく食べて楽しむことも多い『抹茶』
抹茶は揉まずに乾燥させて作られる「甜茶(てんちゃ)」を
石臼でひいたもの。

甜茶は育てている途中で光を遮る「被覆」という方法をとるため、
渋さが抑えられて甘みのある味わいになります。
手間をかけて作られる貴重な抹茶。
仕上げをする工場の設備は迫力満点だそうですよ~。

そのほか最近は『和紅茶』も人気が出てきています。
日本茶として栽培された茶葉を、
紅茶と同じように発酵させて作られたものです。

元は同じ茶葉なのに、加工の違いでこんなに個性が出るとは
驚きでした。お茶ってすごい!
奥深い日本茶の世界、
明日は「どうやって日本茶が作られるのか」伺います。お楽しみに!

宮世真理子