梅雨時期の体調不良を整えよう!

DHC Lifestyle Council、研究員の柳原亜希子です。

いよいよ雨のシーズン!
この時期、何だか体調が優れない、
なぜか体調を崩しやすいという方、いらっしゃいませんか?

今週は【梅雨時期の体調不良を整えよう!】というテーマで、
福岡市中央区天神にあるアイさくらクリニック
木村昌幹院長にお話を伺っていきます。

梅雨時期に体調を崩す理由は「気象病」が関係しています。

気象病とは、天気の影響によって生じる疾患の総称で、
天気・気圧・温度・風量・光の量など様々な気象条件によって
起こる身体の不具合のことをいいます。

梅雨独特の湿度も身体に影響が大きいのですが、
特に「気圧の変化」が関係しており、
“気圧が下がった時”に体調を崩しやすいんだそう。

天気が崩れると急激に気圧が下がり、人はそれをストレスと認知。
そのストレスに対抗しようと交感神経系が優位になり、
交感神経は血管を収縮させ、血流不足・酸素不足・
疼痛物質などが滞って痛みが出やすい・・・
というメカニズムになっているそうのだとか。

人の神経系は、交感神経と副交感神経のバランスで
成り立っています。気象病の症状として、
交感神経が強くなって起きる症状、
副交感神経が強くなって起きる症状など様々あります。

代表的な症状が「頭痛」「めまい」「耳鳴り」「慢性疼痛」

その他にも喘息、心臓発作、うつ症状の悪化、
元々の持病の悪化などが起こることもあります。
持病の悪化は気象病という単一疾患ではなく、
気象条件によって元々持っている持病が悪化する、
という症状になるようです。

また気象病は心に影響が出る事もあるのだそう。
梅雨の時期は天気の変化のほか、気温の変化もありますよね。
蒸し暑い日もあれば、肌寒い日もあったり・・・

こういう天候や気圧の変化は身体に大きなストレスとなるので、
しっかり対策をして、梅雨時期の体調を整えていきましょう。

明日は「女性に多い天気痛」について伺います。

柳原亜希子