五月病に効果的なツボ!?

DHC Lifestyle Council、研究員の井手美穂です。
今週は【五月病】について、愛知県・犬山堂の
三輪考司さんにお話を伺っています。

今日は「五月病に効果的なツボ」のお話。
イライラや身体の不調のもとには、
自律神経の崩れが関係していることもあります。
そこで疲れやストレスを解消してくれるツボを
3つ教えていただきました。

「合谷(ごうこく)」

人差し指と親指の骨が合流するところから、
少し離れたところにあるツボ。
ぐっと押すと痛気持ちいいポイントがあります!

「百会(ひゃくえ)」

頭のてっぺんにあるツボ。両耳の一番高い場所を結んだ線と、
鼻から後頭部中央を結んだ線が交わる部分にあります。
触ると少しへこんでいるように感じる部分だそうです。

「内関(ないかん)」

手首の付け根から、指三本分のところにあるツボ。

ツボ押しのポイントは、痛気持ちいい強さで押すこと。
ハンコを押すくらいの強さをイメージすると良いそうです。
3〜5秒ゆっくり押して、3〜5秒休み、また3〜5秒押す
これを5回ほど繰り返してみましょう。

ツボ押しを行う時間がリラックスの時間になり、
気分のリフレッシュや、
睡眠前に気分を落ち着かせる効果が期待できるそうです。

ゆったりと呼吸をしながらツボ押しをすると、
より気持ちの良い時間を過ごすことができるかもしれません。
ぜひ試してみてくださいね。

井手美穂