柴田幸子のキレイと元気!

DHC Lifestyle Council、研究員の柴田幸子です。
ゴールデンウィーク、皆さんいかがお過ごしですか?
今週は【番組研究員たちのキレイと元気】をテーマに、
日替わりでお送りしています。

私が心がけていることの一つは「身体を動かすこと!」

筋トレやランニングは6年続けているのですが、
最近はジムに行くだけでなく、移動時間をなるべく
徒歩にすることを心がけています。

一日最低でも1万5000歩ほど!
多い日は3万歩くらい歩いちゃいます。
時間にすると一日4~5時間歩いていることもあるんです。

普段の仕事の時はヒールが多いので、
スニーカーを常に持ち歩いていて、
歩ける時はスニーカーに履き替えて歩いています。

歩くときの注意点としては「ゆっくり」よりも「はやあし」で
この時期だと、額にうっすら汗をかくくらいが丁度良いですね!
鞄をリュックにすれば両手が空くので、
手を振りながら歩くことも可能。
移動を歩きに変えるだけで、けっこう運動になるんです。

ウォーキングのメリット!

歩くことで幸せホルモンと言われるセロトニンが分泌!
(気持ちがとても前向きになるホルモンです)
お日様の下を歩くことで、よりセロトニンが分泌されるんです。

日光浴をすることで、免疫力を高めるビタミンDが生成。
特に朝の日光浴で作られたセロトニンは、
夜、快適な睡眠へと導いてくれるメラトニンになります。

気持ちが前向きになり、免疫力アップのビタミンDが生成され、
心地よい睡眠まで手に入れることが出来るんですから、
早朝お日様の元でのウォーキングは一石何鳥にもなる!
という訳なんです。

そして太ももやお尻など筋肉量の多い下半身を鍛えることで、
テストステロンというチャレンジングなホルモンも分泌されます。

このホルモンが少し多めに分泌されるようになると、
ビジネスの成功や人生の壁の突破にも意欲的になる!
といわれているので、歩くときにしっかり太もも・
お尻の筋肉を意識してみて下さいね。

そして歩くだけではなく、身体の内側からも
キレイに健康にしていくことが大切ですよね。

バランス良く栄養を摂ることは勿論なのですが、
特に女性にとって不足しがちな栄養素と言われる
鉄分の摂取を心がけています。

糖質制限などと併せてエネルギー消費を心がける方が
多いですが、実は鉄分を摂取することで、より痩せやすい
状態を作り出すことが出来るというのをご存知でしょうか?

炭水化物(糖分)以外にもエネルギー源になるものが「脂肪」

ただし脂肪は糖分と違って単体ではエネルギー源になりません。
必ず「酸素」が必要なのです。
だから筋トレ中はしっかりとした呼吸が重要になります。

そして、この酸素を運ぶためには赤血球が必要。
その赤血球の中心が鉄分なんです。
脂肪量を減らしたい方には「鉄」が必要不可欠なのです。

赤み肉・魚(まぐろ・カツオ・牛・豚など)が、
特に取り込みやすい鉄分。他にもアサリ・はまぐり・
大豆製品・緑黄色野菜などに多く含まれているので、
ぜひ積極的に摂るようにして下さいね。

さらに、運動の直後は吸収率も良くなっていて
ゴールデンタイムと言われています。
基本的には運動後20分以内、最低でも1時間以内には
タンパク質、特に良質なアミノ酸を摂取することで、
よりキレイな身体への近道になるんですよ~。

身体を動かしながら食べるものも意識して、
内側からも外側からも美しい身体を目指していきましょう!
私もまだまだキレイと元気、追求しますよ。

柴田幸子