子宮筋腫の症状

DHCLifestyleCouncil、研究員の宮世真理子です。
今週は【子宮筋腫】について、麻布十番まなみウィメンズクリニック
今井愛先生にお話を伺っています。

今日は「子宮筋腫の原因と症状について」詳しくお聞きしました。

女性の4人に1人がもっていると言われる子宮筋腫。
原因はまだ十分に解明はされていないそうですが、
初潮がきて女性ホルモンが活発になる20~40代に多くみられ、
閉経して女性ホルモンが減ると、筋腫は小さくなっていくそう。
女性ホルモンが関係していると考えられています。

子宮筋腫の症状は、重い生理痛、出血量が多くなる過多月経、
それによる貧血などがあります。
また筋腫の位置や大きさによって子宮の周りの臓器を
圧迫することもあり、膀胱を圧迫して頻尿が起こったり、
腸を圧迫して便秘を引き起こすこともあるそうです。

ただまったく症状が出ず、筋腫があることに
気付かない方もけっこういるのだとか。

良性とはいえ子宮にできる腫瘍、妊娠出産への影響は?

筋腫の位置と大きさによっては不妊の原因になったり、
妊娠中に大きな筋腫があると、早産や流産の可能性もぬぐえません。
必ずしも影響があるわけではなく、
問題なく妊娠出産している方も多くいらっしゃいます。

妊娠を考えている方も、そうでない方も定期的に検診を受け、
筋腫がある場合はしっかり経過観察していくなど
心がけてくださいね。

明日は「子宮筋腫の種類」について伺います。

宮世真理子