春のスキンケアのポイント

DHC Lifestyle Council、研究員の柳原亜希子です。
今週は【2021年、春メイクのポイント】というテーマで、
メイクアップイマジン by オフィスノムラ、
メイクアップアーティストの古賀真知子さんにお話を伺いました。

季節の変わり目はお肌のトラブルも増えますよね。
この季節スキンケアで気を付けるべきポイントを伺いました。

春だけじゃなく一年を通していえることですが『乾燥対策!』

肌が乾燥すると角質代謝がうまく行かず、
表面に古い角質が残り、毛穴詰まりの原因になります。
また乾燥するとバリア機能が低下し、
花粉やアレルギー物質などトラブルが出やすくなるんだそう。

そんなトラブルを防ぐためにも、季節の変わり目こそ
いつもの2倍3倍、保湿量を増やす事が大切です!

肌表面が固く、くすみが気になる方はピーリングもオススメ。
角質はタンパク質なので石鹸では落ちづらいですよね。
専用のコスメで肌表面の古い角質を取ってあげると、
新しい細胞が表に出てくるんだとか。
ただピーリングを行ったときは、その後の保湿
そして紫外線ケアをいつも以上に心がけましょう。

マスクによる摩擦やムレによるかゆみ、赤み、吹き出物など
トラブルも増加。肌への負担はニキビなどにも繋がります。

ニキビには思春期にホルモン分泌の影響で出るものと、
ストレスや外的刺激で出るものなど様々。
基本的なセルフケアはやはり「洗顔と保湿」

肌表面の汚れをしっかりと洗い流し、そして保湿もしっかり行う!
毎朝毎晩、肌の状態をリセットすることが大切です。

最後に、古賀さんのオススメは『顔体操』です!

マスクをしていると表情を作ることが少なくなり、
口元や顔の筋肉が緩みがちになります。
たるむだけでなく血流が悪くなって、くすむ・むくむ、
代謝も悪くなって肌のトラブルが増える・・・
といった悪循環になってしまうそう。

大きく口を開けて「あ・い・う・え・お」
と一日10分顔体操をするだけでも血流が良くなり、
スッキリしますよ!

顔体操でハリを出し、今年らしい春メイクを楽しみましょう~♪

柳原亜希子