マスクメイク~アイメイク編~

DHC Lifestyle Council 研究員の柳原亜希子です。
今週のテーマは【2021年、春メイクのポイント】

メイクアップイマジン by オフィスノムラ、
メイクアップアーティストの古賀真知子さんにお話を伺っています。

今や欠かす事のできなくなったマスク。
マスクをすると顔の下半分が隠れてしまうため、
自分の感情や印象を相手に伝える部分が目元だけになります。
今まで以上にアイメイクを丁寧に仕上げる事が大切!

マスクをしていると無機質な印象を与えてしまうので、
アイメイクに優しい印象を加えると
スッキリした清潔感のあるバランスの良いメイクになるそう。

今年のアイメイクのポイント、
『清潔感を大切に、やり過ぎ感を出さないこと!』

目力を出さないと!と思ってグラデーションメイクを濃くしたり、
アイラインをバッチリ引くと、逆に怖い印象を与えてしまいます。

アイカラーは今年のトレンドでもある「ベージュブラウン」
「くすみ系ピンク」をチョイスして、
まぶたを透かす様にグラデーションをつけてあげると
ナチュラルな中にもきちんと感を出すことができるそうです。

少し華やかさが欲しいなという場合は、
ラメを上手に取り入れるのがポイント
上まぶたの中心部分や、下まつ毛の隙間などに光を足すことで
ハイライト効果が生まれて目元が明るくなるそうです。

ちょっと色で遊んでみたいなという時はカラーマスカラもオススメ!
黒やブラウンは基本の色ですが、ピンク、ボルドー、
オレンジブラウン、紫などさりげなく発色させることで
メイクを楽しんでる印象を与える事ができるそうですよ~♪

アイラインは目元の引き締め効果には優れものですが、
しっかり入れてしまうと怖い印象になります。
優しい目元に見せるために、
色味は黒ではなくブラウンを使うとGOOD!

目尻の跳ね上がりも少しキツイ印象に見えてしまうので、
横に流すように入れてあげると今風のトレンド顔になるそうです。
横に流すと目の横幅を広く見せることができ、
笑った時のように目尻が下がって見えるので、
優しい印象を与えることができるそうです。

「優しく目力を出す!」
これがマスクをしている時のアイメイクのポイントです。

明日は「トレンドの眉毛」について伺います。

柳原亜希子