漬物の魅力!

DHC Lifestyle Council、研究員の古賀涼子です。
今週のテーマは【漬物でもっと綺麗に!もっと元気に!】

料理家で発酵食レシピの開発をライフワークにしている
井澤由美子さんにお話を伺います。

漬物の魅力として井澤さんはまず、乳酸菌を挙げています。
体の免疫力の6~7割は腸で作られ、その腸を支えるのが
ビフィズス菌などの善玉菌。漬物は乳酸菌がたっぷりなので、
腸内環境の維持だけでなく、美肌効果もあるそうです。

漬物には梅干しや生姜の甘酢漬けなど発酵させていないものと、
ぬかや麹で発酵させるものがあります。

ぬかにはリラックス効果のあるGABA(ギャバ)が含まれていて、
睡眠を促進させると言われているそう。
夕食でぬか漬けやキムチ、ザワークラウトなどを
食べるのがお勧め!

その時のポイントは、加熱しないこと!
乳酸菌は加熱すると効果がなくなるので、
アレンジする場合は和えるなどを心がけましょう。

ぬか漬けやたくあんは漬けすぎると酸っぱくなりますが、
少し塩分を抜いて煮物に加えたり、お椀に昆布だしとともに
古漬けを刻んで入れると、うまみの強い
とても美味しい汁物になるそうです。

消化にも良い古漬けのお椀、ぜひ試してみてくださいね。
明日は「簡単にできる漬物レシピ」教えていただきましょう。

古賀涼子