顔トレでマスク老け撃退!

DHC Lifestyle Council、研究員の柴田幸子です。
マスク生活が長くなり、顔の筋肉を使わなくなっている人、
けっこう多いんですよね。
いざマスクを外したときに”老け顔”ではガッカリです。

今週は【顔トレでマスク老けを撃退!】というテーマで、
歯科医師で口もと美容スペシャリストの
石井さとこさんにお話を伺っていきます。

コロナ禍でマスクをすることが当たり前になり、
マスク老けを感じているという人も多いそう。

マスク老けには「歯のくすみ・汚れ」「口臭」
「口角下がり・顔のたるみ」この3大現象があるそうです。

口角下がりからくる顔のたるみ・・・気になりますよね~。
これまであまり意識していなかった方でも、家に帰って
鏡を見たら「なんか口元が下がってる」と感じるたり、
口角が上がりづらくなった・・・という声が多くなったそうです。

原因は表情筋の衰え。口もとをあまり動かさなくなったことから、
表情筋が衰えてきているのだとか。
またマスクで隠せてしまうので、どうせ見えないからいいや~!
とついつい自分に甘くなってマスク老けが加速してしまうんだそう。

いざマスクを外したときに歯がくすんでいたり、
顔がたるんでいるのは残念。
しっかり顔のトレーニングをして口角を上げていきましょう。

明日は、マスク老けを撃退する顔トレについて伺っていきます。

柴田幸子