片頭痛の原因

DHC Lifestyle Council、研究員の柳原亜希子です。
今週のテーマは【片頭痛との向き合い方】
陣の内脳神経外科クリニック、陣内敬文院長にお話を伺っています。

強い痛みが起きる片頭痛
近年その原因の一つとなっているのがパソコン作業!

テレワークが増え、姿勢が悪いまま小さなパソコンで
長時間仕事をしていると、今までに経験したことがない頭痛が
起きた!という患者さんも増えたのだとか。

片頭痛は男性にも起こりますが、特に女性に多く見られるそう。
その中でも特に多いのが、生理前後の頭痛
女性は生理前後にエストロゲンというホルモンが上がったり
下がったりします。ホルモンが急激に上昇・下降することで
頭痛を引き起こすと言われています。
それにデスクワークなどで肩こりなどが重なると、かなり激しい
痛みを伴う頭痛が起きる方もいるようです。

息抜きもせず一生懸命頑張り過ぎてしまうと、
今度はセロトニンというホルモンが異常に出過ぎて、
激しい頭痛や腹痛を起こしたり、吐き気も伴って、
生理痛もさらにひどくなる…ということもあるようです。

セロトニンは精神の安定に深くかかわっていて、
感情や気分をコントロールしてくれる脳内物質。
少し出る分にはとても良いものなんだそうですよ!

片頭痛は、更年期の頃になると治まる事も多いんだとか。
女性は常にホルモンの影響を受けやすくデリケート。
上手に自分の身体をコントロールしてあげる事が大切です。

お話を伺っている陣内先生の新刊「新型頭痛の治し方」にも
詳しく載っていますので、片頭痛に悩んでいる方は是非!

明日は「片頭痛を悪化させる行動」というお話です。

柳原亜希子