片頭痛との向き合い方

DHC Lifestyle Council、研究員の柳原亜希子です。
今週のテーマは【片頭痛との向き合い方】

福岡県春日市春日原にある、陣の内脳神経外科クリニック
陣内敬文院長にお話を伺います。

日頃から頭痛持ちという方もけっこういらっしゃいますよね。
私も天気が良くない日に頭が痛いなぁ…という事がたまにあります。

「片頭痛」はなぜ起こるのでしょうか?

痛みの神経である三叉神経、身体を整える自律神経
これらが組み合わさって悪循環に陥ると、独特の痛みが生じるそう。

頭の片側だけズキンズキンと痛むのが特徴。
さらに吐き気やめまい、首が痛くなるといった症状を
伴うこともあります。

頭痛には首や肩の筋肉が凝り固まって起こる緊張型頭痛もあり、
これはスポーツなど身体を動かすと治ることがあります。
しかし片頭痛の場合、身体を動かしたり、
お風呂に入ると痛みが強くなるという特徴があります。

片頭痛は100人いれば100通りあると陣内先生は言います。
中でも遺伝的要素はかなり大きく、ご両親が頭痛持ちだと、
お子さんも頭痛持ちになることが多いそう。

お話を伺っている陣内先生のクリニックは、
春日原にある陣の内脳神経外科クリニックのほか、
福岡市天神にも分院、天神頭痛クリニックがあります。

頭痛にお悩みの方は是非相談してみてください。
明日は「片頭痛の原因」について伺っていきます。

柳原亜希子