マスクリンクメイクで美人見え!

DHC Lifestyle Council、研究員の柴田幸子です。
2020年、私たちの生活の必需品となったのが、マスク!

今週は【マスクリンクメイク】を提唱されている美容家、
瀬戸麻実さんにお話を伺っていきます。

マスク必須の毎日ですが、やはり「美しく見せたい!
顔も小さく見せたい!」と色んな欲が出てきますよね。
それを上手にメイクに取り入れていくのが、
ずばり、マスクリンクメイク!です。

マスクをしても見える部分に「美人見えするポイント」
たくさん隠れているんだそう!普段のメイクとはちょっと違う
ポイントが色々あるようですよ~。

今週は5つのポイントを教えていただきます。
まず「マスクリンクメイクのポイント」その1

【ノーズシャドウで立体美人!】

マスクをすると、顔全体が少しのっぺりした感じに見えます。
顔の半分がのっぺりすると、見えている部分ものっぺりして
見えるので、鼻筋にシャドウを入れて立体感を出していきましょう。

眉毛のスタートしている位置、人差し指をあてると少しへこむ部分、
そこにスッとノーズシャドウを入れていきます。
普段使っているブラウン系のアイシャドウでOK!

人差し指くらいの大きさのブラシを使って、ブラウン系のパウダーを
眉頭の位置から鼻先に向けてスーッと縦に入れると
キレイに立体感を出すことが出来るそうですよ。

マスクをするようになって、ノーズシャドウすっかり
入れ忘れている!という方、多いかもしれません。

見える位置にしっかりとくぼみを出してあげましょう。
顔に立体感を出すことが大きなポイントですよ!

明日はマスクリンクメイク「チークのポイント」を教えて頂きます。

柴田幸子