性感染症のおはなし

DHC Lifestyle Council、研究員の井手美穂です。
今週は【女性特有の病気や症状】というテーマで、
東京のまなみウィメンズクリニック
今井愛院長にお話を伺いました。

今日は「性感染症」のおはなし。
なかなかデリケートな問題なので、人には相談できず、
一人で悩んでしまうケースも多いかもしれません。

性感染症にもいろいろな病気や症状がありますが、
女性の性感染症の症状で多いものとして、おりものが増える、
かゆみが出ることが挙げられます。

「クラミジア」は日本で最も多い性感染症で、
自覚症状がない場合も多いそう。
悪化すると不妊症になる場合もあるので、注意が必要です。

性感染症は基本的に性行為によって起こりますが、
「カンジダ膣炎」などは、性行為以外に
疲れや睡眠不足による免疫の低下で発症することもあります。

性感染症の予防は、性行為の際にコンドームを使用する!
これに尽きます。
女性は、将来的に妊娠できなくなるリスクがあるので、
パートナーと一緒に大切な身体を守りましょう。

気になる症状がある場合は、早めに医療機関に相談してくださいね。

井手美穂