藤田恵美×竹仲絵里♪シンガー対談①

DHC Lifestyle Council、プロデューサーの國澤恵理子です。
今週は藤田恵美さんと竹仲絵里さんのシンガー対談!

どことなく空気感が似ているお二人。
20年ほど前、同じイベントに出演していて、
すれ違ったことはあるけど、
こうしてゆっくりお話するのは初めてだそうです。

藤田恵美さんが2012年にリリースした、リリー・フランキーさんの
総合プロデュースによるオリジナルアルバム「花束と猫」は、
歌唱力、詩の世界観などアルバムのクオリティーが高く評価され、
第54回レコード大賞「優秀アルバム賞」を受賞しました。

このアルバムで何曲か作曲を担当した上田禎さんとは、
竹仲さんも長年、楽曲制作やライブでご一緒している間柄。
そのほかにも共通しているミュージシャンが多くいるそうで、
あの人も!この人も!と盛り上がっていました。

藤田恵美さんは1994年、Le Coupleとしてデビュー
2001年からソロプロジェクトを開始し、
洋楽カバーアルバム「camomile(カモミール)」は
アジア10カ国で大ヒットとなりました。

2008年に発売された「ココロの食卓」というアルバムは、
“家族の想い出がつまった邦楽カバー集♪”
そして今年、邦楽カバー集2弾となる
「ココロの時間」がリリースされました。

井上陽水、ビリーバンバン、ブレッド&バター、沢田研二・・・

男性ボーカリストのフォークソングや歌謡曲が10曲
収録されています。当時ギター少年だった方が
「懐かしいなぁ、またちょっとギター弾いて歌ってみようかな」
と思えるアルバムを作ったんです・・・と藤田さん。

あの頃聞いていた方には懐かしく、
楽曲を知らない方には新たな魅力が感じられるアルバムです。

月曜日は、下田逸郎さん「セクシィ」のカバーをお送りしました。

國澤恵理子