鼻血の正しい対処の仕方

DHC Lifestyle Council、研究員の柳原亜希子です。
今週のテーマは【鼻にまつわる症状あれこれ】
しらつち耳鼻咽喉科院長で、九州大学医学部臨床教授の
白土秀樹先生にお話を伺っています。

みなさん、突然鼻血が出ることってありませんか?
私は一時期、頻繁に鼻血がでる時期がありましたが、
鼻を打ったわけでもないのに、なぜ鼻血がでるのか不思議でした。

鼻血は「血圧が上がった時」に出るんだそうです!

私達の身体には交感神経という血圧を調節する神経があります。
その神経が緊張した時に鼻血が出やすくなるんだそう。
またストレスなども血圧を上げてしまう原因になるので、
鼻血とも無関係ではないんだとか。

その他、鼻がムズムズして痒い時や鼻水がたくさん出る時は
鼻を多く触ってしまい、粘膜が傷ついて鼻血が出やすくなります。
あとアレルギー性鼻炎の方、血をサラサラにする薬を飲んでいる方、
高血圧の方などは鼻血が出やすいそうです。

鼻血はほどんどの場合、大きな病気ではないようですが、
稀に血液疾患やガンなどの大きな病気が隠れている
場合もあるので、注意しましょう。

突然の鼻血!ついあたふたしてしまいますが、
正しい処置の仕方を教えていただきました。

『まずは落ち着いて、血圧を下げる事!』

とにかく血圧を下げる事が大事です。
炎天下などに居れば血圧は上がりっぱなしになるので、
木陰に移動して休むなど、なるべく血圧を下げるようにしましょう。

その後は、小鼻をつまんで少し前かがみになり、
血が止まるまで静かに5~10分ほど待つ。
鼻血が出た時にやってはいけないのが・・・
ティッシュを鼻に詰める!

ティッシュは非常に細かい尖った繊維でできているので、
これをグイグイ鼻に詰め込んでしまうと、
よけいに鼻の粘膜を傷つけてしまいます。
私もグイグイ詰め込んでいました!!
ティッシュはそっと血をぬぐう程度にしましょう。

明日は、鼻にまつわる症状の一つ
『睡眠時無呼吸症候群』のお話です。

柳原亜希子