手足のつり!予防法

DHC Lifestyle Council、研究員の吉田紗綾です。
今週は【手足がつるのはなぜ?】というテーマで、
四谷・血管クリニック、保坂純郎院長にお話を伺いました。

手足がつるのを予防するための効果的なポイントを
教えていただきました。

①フットケアなどマッサージ

つりやすい体の部分を軽く揉んだり、ほぐして労ってあげましょう

②適度な運動

オフィスや在宅勤務などで体を動かすことが少ない場合。
屈伸運動、足首の回旋運動などを心がけましょう。
手足の指のグーパー運動や、肩をまわすなども効果的です。

③食生活の改善

適切な水分量と、適切なミネラル量が大事!
わかめ、かぼちゃ、ひじき、アーモンド、しらすなど、
ミネラルを多く含む食べ物。また筋肉疲労の改善を促してくれる、
タウリンやビタミン B1を多く含む食べ物を多く摂りましょう。
タウリンを多く含む食べ物はイカ、タコ、貝類など。
ビタミン B1 を多く含む食べ物は、豚肉、レバー、豆類など。

生活習慣の改善で心がけることは、座りっぱなしや立ちっぱなし、
寝っぱなしの状態を長く続けないように運動すること!
でも運動のしすぎも手足のつりにつながるので、
適度に行ってくださいね。水分補給もお忘れなく!

手足のつりは慢性化・重症化することもありますし、
糖尿病や椎間板ヘルニアなど様々な病気が潜んでいる場合もあります。
適度な水分、栄養バランス、マッサージや適度な運動を
心がけて、手足がつる症状を予防していきましょう。

吉田紗綾