パワーが出ないときは・・・

DHC Lifestyle Council、研究員の柴田幸子です。
今週のテーマは【2020年下半期も元気に楽しく!】
心理セラピストでシンガーソングライターの
Ikuko Tuneさんにお話を伺っています。

毎日過ごしていると、なかなかパワーが出ない日もありますよね。
そんな時はどうすればいいのか、Ikukoさんに伺いました。

「美味しい食べ物を食べる!」

普段栄養に気を付けている方でも、パワーが出ないときは
食欲が落ちてしまうことも。何でもいいので自分が今食べたいものを
食べるようにしましょう。今欲しているものは無意識に
パワーが出るものなんですって!

「歩きましょう!」

土踏まずを使って歩くことはとても大事なんだとか。
もちろん健康にも良いのですが「歩き禅」という言葉があるように、
頭の中を真っ白にすることが出来るそうです。
無の境地になると色んなことがリセットできて、
またパワーチャージできるそうなので気持ちよく歩いてみましょう。

「余計なことを考えない!」

何かに集中しているときは余計なことを考えることも無いですが、
ちょっと時間があったり気を抜くと、
マイナスなこと、考えちゃいますよね~。
余計な事を考えず、目の前のことに集中する!
これがパワーを温存するコツなんだそうです。

大体考えてしまうのはこの先のこと。
今夜のこと、明日のこと・・・それは未来の自分に任せましょう

夜なら夜の自分に任せちゃえ!明日なら明日の自分に任せちゃえ!
今の自分はこれでいいんだ!その考え方が出来るようになると、
パワーはそんなに枯れずにすむそうですよ。

今すぐ考える必要がなければもう考えない!これがとても大事。
これも習慣化できるようになると良いですね。

柴田幸子