2020年下半期も元気に楽しく!

DHC Lifestyle Council、研究員の柴田幸子です。
2020年も下半期!ここからの半年は新たな様式を取り入れながら、
素晴らしい毎日にしていきたいですよね。

今週のテーマは【2020年下半期も元気に楽しく!】
心理セラピストでシンガーソングライターのIkuko Tuneさんに
お話を伺っていきます。

今日は「2020年下半期の流れ」を伺いました。

上半期は新型コロナの影響で大変な半年でしたが、
7月から少し流れが変わっていくそうです。
7月は色んな意味で変わっていくためのポイント月!

やりたかった事をやってみる!会いたかった人に会ってみる!
各自行動に注意しながらにはなるかもしれませんが、
気持ち的にはどんどん進めていった方が良いそう。

ただ9~10月に変わる頃は注意が必要です。
この時期は全体的に疲れが出やすいので、今までのようなペースで
稼働すると、ダウンしてしまったりトラブルに繋がりがち。
ちょっと気を引き締めて過ごしてくださいね。

下半期に気をつけた方がよいことは「浮足立たないこと」

どうしても落ち込んでしまう事もあれば、逆にハイテンションに
なってしまうなど、気持ちのアップダウンも起こります。
常に「平常心」を持ち続けることが大事だということです。

そして大切にした方が良いのは「謙虚さ」

『人の役に立とうという気持ちを忘れなければ、おのずと謙虚に
なってくる。募金ひとつにしても、その先に誰かの笑顔がある
という事を想像しながら募金するのとしないのとでは
随分違います。誰かの役に立てたら良いな、という気持ちを
常に忘れないで下さいね』とIkukoさんはおしゃっていました。

明日は運気アップのヒントや考え方、色々伺っていきましょう。
お楽しみに!

柴田幸子