温活で免疫力アップ!

DHC Lifestyle Council 研究員の柳原亜希子です。
今週のテーマは【腸活のススメ】
温活体めぐりケアサロン・リノアージュの
江里文子さんにお話を伺っています。

免疫細胞の70~80%は腸の中にあると言われていて、
腸内環境を良くする事は免疫力を上げる事に繋がります。
免疫力アップの方法の一つとして『温活』があります。

理想の基礎体温は、36.5℃~37℃!結構高めですよね。
特に女性は冷えやすいので基礎体温が低い方も多く、
35℃台の低体温という方も増えているようです。

基礎体温が常に低いと、血液の流れるスピードが遅くなり、
内臓の働きが悪くなって免疫力が下がってしまいます。
そうすると病気にかかりやすくなったり、腸の働きが悪くなるので、
消化のスピードも落ちてしまいます。また血流が悪くなるので。
顔の色がくすんでしまうこともあるそう。

体温が1℃上がると免疫力は30%アップ!
代謝も12%アップすると言われているんだって!
これはもう「温活」で身体を温めるしかないですよね。

まずはお風呂の習慣『湯船に浸かる!』

シャワーだけだと身体の汚れは落ちますが、
体はむしろ冷やしてしまう事になりかねないそう。
短い時間でも湯船に浸かるようにしましょう。

忙しい方のセルフ温活『足湯!』

湯船には浸かりたい、でもなかなか時間が取れない。
そんな時は足湯が効果的!バケツにお湯を入れ、
くるぶしまで温めると、身体はポカポカきますよ。
バスソルトを入れると温かくなるスピードも早くなるそうです。

低体温の私も、さっそく試してみたいと思います。
明日は「セルフリンパマッサージ」について伺っていきます。

柳原亜希子