防災グッズを見直そう

DHCLifestyleCouncil、研究員の宮世真理子です。

今週は私・宮世の「おうち時間の楽しみ方」をご紹介してきました。

どんな時も災害は待ってくれない。
おうち時間がある今のうちに災害対策の見直しをしておこう!
ということで、まず非常持ち出し袋の確認をしました。

非常食や水の消費期限、懐中電灯やラジオの電池の確認
使っていなくても機械に入れていると、
電池は消費している可能性があります。
いざというときにすぐ使えるよう確認することが大事ですね。

定番のゴミ袋やカイロ、タオルなどに加え、
これから暑くなるのでボディシートや冷却グッズも入れました。
それから「小銭」「親戚の連絡先メモ」を追加しました。

小銭は公衆電話用。携帯電話は予備バッテリーの準備も
大切ですが、水没などで壊れてしまった時のために、
公衆電話で使える10円玉を多めにストックしておくと良いそう。

そして親戚や知人の連絡先のメモ。
これも携帯電話が使えなくなった時のため。
紙に書いて、濡れないようにラップに巻いて、チャック付き
ビニール袋などに入れておくと良いそうです。

非難グッズの確認も大切ですが、避難場所や避難の順序を
きちんと把握しておくことも大切です。
ハザードマップで自分の家がどんなところにあるのかを確認!
またどうなったら避難が必要なのかなど、
把握しておきましょう。

避難所は人が密集しやすいので、コロナの心配がある今は
避難所に行くことに不安も感じますよね。
知人や親戚に「もしもの時に避難させて貰えないか」という相談を
前もってしておくのも、今の災害対策の一つなのかなと思います。

小さいお子さんやお年寄り、ペットがいる場合など、
いざという時にスムーズに動けるよう、
家族みんなで相談してみてくださいね。

今週は宮世真理子の「おうち時間」をご紹介しました。
何か一つでも皆さんの参考になったら嬉しいです。

少しずつ日常を取り戻しつつありますが、
まだまだ油断せず、気を付けて元気に過ごしましょう。

宮世真理子