50℃味噌汁って何???

DHC Lifestyle Council、研究員の柴田幸子です。

今週は私・シバサチ流【おうち時間を楽しみながら
免疫力を上げる方法】をお話しています。

今日は私が毎朝続けている「50℃味噌汁」をご紹介しました。

50℃ってぬるくない?味噌汁は熱々じゃなくっちゃ!
という方が多いかもしれません。

味噌は良質なタンパク質とミネラルが豊富な発酵調味料で、
酵素がたっぷり含まれていますが、味噌に含まれている酵素は
「高温になると活性を失う」と言われています。

熱々のお味噌汁って最高に美味しいのですが、それだと酵素の
良さを最大限に発揮させることが出来ないので、
少しぬるめの50度のお湯で味噌を溶いて、
生きた酵素を丸ごと摂りましょう!というのが私のオススメ。

味噌汁の具には、昆布や切り干し大根などを入れています。
カリウム、カルシウム、マグネシウムなどミネラルの他に、
糖質をエネルギーに変えたり、皮膚を守ったりする
ビタミンB群も抱負に含まれているので、栄養たっぷり!

お椀に具材入れ、50℃のお湯を注いで味噌を溶くだけ。
便秘改善、ダイエット、美肌効果、快眠、免疫力アップなど
様々な効果が期待できますよ~。

私は鍋に色んな具材と出汁を入れ、一週間分ぐらいまとめて
お汁を作っておき、それを毎朝一杯ずつお椀によそって、
電子レンジで30秒くらい温めて50℃ぐらいにし、
そこに味噌を溶いて食べています。

美味しさをとれば熱々の味噌汁の方が良いのですが、
「酵素の効果」を最大限に取り入れたい!という方は、
ちょっとぬるめですが、一度試してみて下さい。

柴田幸子