健康的な足のために出来ること

DHC Lifestyle Council、研究員の井手美穂です。

今週は『足のトラブルを解消しよう!』というテーマ、
足のクリニック表参道、桑原靖院長にお話を伺いました。

今日は「足の健康寿命を保つためのセルフケア」について。

足の健康寿命を保つために大切なことは・・・
「足にあった靴を履くこと」
「インソールを活用すること」
この2つ!

足のトラブルの90%は「土踏まずのアーチ」が崩れて起こる!
ということは今週学びました。

土踏まずのアーチを保つためにインソールを活用しましょう。
靴やインソールを買う際に、お店の方に一緒に
選んでもらうのも大事なポイントだそうです。

自分では大丈夫だと思っていても、実は間違って選んでいる場合も
あるそうなので、プロの目で判断してもらうのがおすすめです。

また、ストレッチで筋肉や筋の可動域を広げていくのも効果的!

可動域が狭くなると、歩き方にも影響が出てきます。
特に、アキレス腱と股関節は柔らかさを保つべきところなので、
ストレッチボードなど道具を使って、
日常的にストレッチを習慣づけるのもよさそうです。

桑原先生曰く、歩いて運動をする方も多いと思いますが、
カロリーや距離を気にするだけでなく、
関節を効率よく動かしながら歩くことが大切!とのこと。

正しい歩き方も、しっかり身につけたいものですね。
健康な足で、元気な毎日を過ごしましょう!

井手美穂