オフィスカジュアル・ボトムス編

DHC Lifestyle Council、研究員の柴田幸子です。

今週のテーマは「2020年、春のトレンドファッション」

ファッションデザイナーのドン小西さんにお話を伺っています。

今日はオフィスカジュアルのポイント「ボトムス編」です。

今年のボトムスのキーワードは「ハイウエスト」

女性らしく、フェミニンで、清潔感もあり、気品もあり、そして時代性もある、、、ハイウエスト。

ブラウスやカットソーをハイウエストのボトムスにインすると、上半身がフンワリと膨らみます(ブラウジング)。

そのふんわりした部分とキュッと締まったウエスト部分のコントラストが、体のラインをキレイに見せてくれるんだそう。

胸も豊かに見えるし、とても女性らしく美しいラインを演出できるのです。

足元はフラットシューズバレーシューズがブーム。

仕事中はヒールがない方が動きやすくて良いという人も多いですよね。

ただフラットシューズを履きこなすのって、けっこう難しい。ドンさんはだらしなく見えてしまうこともある、と仰っていました。

ちょっとやぼったく見えてしまうという方は、3cm~5cmくらいのローヒールを選んでみてください。

あとは色!白のブラウスは清潔感があって印象が良いですよね。これにはドンさんも大賛成!

ブラウス、今年はオープンカラー!開襟が◎、そして棒タイも◎

白ブラウスのように無難なものも取り入れながら、そこにハイウエストや開襟襟など今年らしさを上手く織り交ぜ、清潔で女性らしい美しさを演出していきましょう。

柴田幸子