正しい姿勢の作り方

DHC Lifestyle Council、 研究員の柳原亜希子です。

今週のテーマは『美しい歩き方を学ぼう!』

日本姿勢改善ウォーキング協会・代表理事で、骨盤腸整ウォーキングを考案した山崎美歩呼さんにお話を伺っています。

新年度も間近!学校や職場、新しい環境で新生活をスタートされる方も多いですよね。そんな時、第一印象はとても大事!

実は『7秒ルール』というのがあるのをご存知ですか?!

「この人、素敵だな~」といった第一印象を、「人は本能的に7秒で判断する」というもの。

歩いて来て出会って、そこから挨拶をするまでの間に、その人のイメージを本能的に感じ取っているそう。

第一印象で好印象を与えるために大事な事は、全ての基本動作【立ち方・姿勢】だそうです。

ポイントは・・・

①壁の前に背を向けて立つ

②かかと、お尻、肩甲骨、頭の4点を壁にくっつける

③小指が少し壁に当たるくらい肩を後ろに引く

④肩の力を抜き、下にスッとおろす

この状態で楽に立てると、良い姿勢ができているという事なんだそうです。

壁立ちで正しい姿勢を!

最近はスマホなどの影響で頭の位置が前に出ている人が多く、「壁を使って頭の位置を意識付けしていく」というのが山崎さんの教え!

この「壁立ち」は、家やオフィスで簡単にできそうですよね。

山崎さん曰く『エレベーターの中が最適のトレーニング場』なんだとか。

目的階に着くまでの間、エレベーターの中で壁立ちをやってみる!確かに、日常のちょっとした時間を有効活用できるのは良いですよね。

この正しい姿勢をイメージしながら、明日は「正しい歩き方」について詳しく伺っていきます。お楽しみに~♪

柳原亜希子