季節ごとのサバの食べ方

DHC Lifestyle Council、 研究員の井手美穂です。

今週は『サバの魅力に注目!』というテーマで、薬膳アテンダント池田陽子さんにお話を伺ってきました。サバの魅力をたっぷり伺って、私は早速サバ缶を買ってしまいました(笑)


サバはEPADHAが豊富で、血行促進効果が期待できる食材。

他にも、ビタミンB12や、ビタミンDなど豊富に含まれています。

血行促進効果が高いということで、肩こりやむくみの改善、美白やクマの改善なども期待出来ると言われています。

今日は、季節ごとにおすすめの食べ方を教えていただきました。

薬膳では、食材の食べ合わせによってよりその食材がもつ魅力を引き出す!という考え方があるのですが、冬におすすめなのは、体を温める食材とサバを組み合わせること。

例えば、サバ缶とニラを使ってスープや味噌汁作る。鍋料理にサバを加えるのもいいかもしれませんね。

反対に夏は、体の熱をとる食材と組み合わせるのがいいそう。

例えばゴーヤやトマトなど夏野菜と一緒に食べると良いそうですよ。

旬の食べ物とサバを組み合わせる!というのが良いのかもしれませんね。

栄養たっぷりのサバ!積極的に摂り入れて、キレイと元気を目指しましょう♪

井手美穂