「部分別エクササイズ」竹仲絵里×柴田幸子

DHC Lifestyle Council 研究員の柴田幸子です。
今週は、私が今年取材して印象に残っているテーマを復習の意味も込めてお届けしています。

柴田幸子が選ぶ、2019年の「印象に残った5つのテーマ」

今日は、2月に放送した【気になる部分別エクササイズ】
パーソナルトレーナーの鈴木隆介さんにお話を伺いました。

これから身体つくりを始めようと思った時まず重要なのは「目標を明確にすること」

漠然とどんな身体になりたい、というよりも、例えば「もっと二の腕を引き締めたい」
「ウエストを絞りたい」など、具体的な目標設定をしましょう。

そして一歩踏み出そう!という時に大切なのは、トレーニング・・・ではなく、
「現状をしっかり把握する」ということ。あと体重を気にしすぎない。
自分がどんなスタイルになりたいかを明確にし、
今自分がそれに対してどういう状態かを把握することが大事なんだそうです。

部分別エクササイズの仕方も、色々教えていただきました。

【下っ腹のお肉】
ここに直接アプローチするエクササイズは、
立った状態で肛門をグッと上に引き上げるようにする。
え、これだけ?めっちゃ簡単!

【お腹】のエクササイズで簡単なのは「万歳のポーズ」をすること。

出来るだけ手と足の距離を離すように手を伸ばしていきましょう。
そうするとお腹に力が入っていくのを感じると思いますが、出来るだけお腹を薄くして、
自分のウエストの筋肉、体脂肪が、おへその方に寄っていくようなイメージで、
手のひらと足の裏の距離を離していく。
ウエストを細くしたい方には効果的なエクササイズだそうですよ。

そして【ヒップ】にはブリッジ!

気になる【腕・二の腕】は、「腕振り」をするだけでも変わるんだそうです。

手のひらを上に向けた状態で腕振りを行ってみましょう。
ソフトボールを投げるような感じかな。
腕が後ろに行った時に、二の腕の部分が引き締まるのを感じながらやってみると、
より効果が高くなるそうです。

もう1つ、手をかかしのように横に広げて、その状態で腕をプルプル振るわせるように
動かしてみましょう。これも効果的なエクササイズだそうです。

脚の付け根の関節「股関節が柔軟に動くこと」が重要になります。
脚の付け根の関節はクルクル回るよう、可動域が広い関節。
ここが硬くなると全体的に脚が太くなりやすくなるので、
そこをほぐして引き締めるようなエクササイズが効果的なんだとか。

【脚のエクササイズ】で効果的なのは、体育座りをして足のうらはそのまま固定。
その状態で膝を開いたり閉じたりを繰り返しましょう。
膝を外側に倒したり立てたりを繰り返してパカパカさせるイメージ。
これで脚の付け根が動いているのを感じると思います。
40、50回を何セットか繰り返すことで、脚痩せの手助けになってくれるそうです。

そして気になる【バスト】のエクササイズ。

良いバストの条件は「しっかりと引きあがっている」こと。
大事なのは「脂肪をちゃんとバストの部分に持って行く」ことです。
脇のお肉をバスト部分に引き寄せて、そのまま手で10秒くらいキープしながら
ゆっくり深呼吸。これを複数回繰り返しましょう。
この動作を行う事で胸に脂肪が寄ってきてくれるそう。

ラジオを聴きながら…お風呂に入りながら…
ぜひ試してみてください。

柴田幸子