「美しさは健康から、食事は楽しみながら」竹仲絵里×吉田紗綾

皆さんこんにちは、DHC Lifestyle Council 研究員の吉田紗綾です。
2019 年も残すところあと一ヶ月ちょっと!
この番組では毎週研究員が様々なテーマで色んな方に取材をしていますが、
今週は今年取材して印象に残っているテーマを復習の意味も込めてお届けしていきます♪

吉田紗綾が選ぶ「2019年の印象に残ったテーマ」一つ目は、
1 月に放送した【美しさは健康から!食事は楽しみながら!】

インナービューティーダイエットアドバイザーの上松典子さんにお話を伺いました。

インナービューティーダイエットとは、自分自身の心と体を見つめ、
ダイエットに活かすというもの。
無理なダイエット、偏ったダイエットは体調を崩したり、リバウンドにも繋がるんですよね。

私はこのインタビューをした頃、野菜スープだけを食べるダイエットをしていました。
確かに体重は落ちたのですが、いつもより甘いもの、お菓子をすごく欲してしまった!

上松さんのお話にもあったのですが、体の中の栄養バランスが崩れてしまうと、
人の体は何かが足りないと思って、不必要なものまで摂取したくなってしまうそう。

これを聞いて納得!
適度に炭水化物も摂るようにしたら、甘い物を食べることもなくなりました。

炭水化物を抜くとか、これだけを食べる、といった偏ったダイエットは、
体や心のバランスを崩してしまう…ということを、身をもって体験しました。

インナービューティーダイエットアドバイザーの上松さんが大切だと言っていたのは、
5大栄養素「タンパク質」「脂質」「糖質(炭水化物)」「ビタミン」「ミネラル」
バランスよく摂るということ!

先月「栄養素」の取材をした時も感じたのですが、
意外とバランス良く摂るというのは難しいんですよね。

特に日本人女性はタンパク質と鉄分が不足しがち。肉や魚などの動物性たんぱく質、
大豆など植物性のタンパク質をバランスよく摂りましょう。

咀嚼の大切さについてのお話もありました。
現代人は、昔の人に比べて噛む回数が減ってきています。
顎の筋肉をしっかり動かすことでデトックス効果、
唾液をしっかり分泌させることで消化もよくなる、
アゴを使うことで脳の血流がよくなり、脳機能がアップしたり、
自律神経も安定するとのこと。

そして「体の組織は90日で生まれ変わる」ということも初めて知りました。
最近不調だなと感じたら、それは三ヶ月前の食生活が関わっているかもしれません。
ということは、三ヶ月先、健康で美しくあるために、今の食生活を見直さなくてはいけない!
ということなんですね。

毎日食べるもので私たちの体は作られていますからね。
この取材を通して「食」「口にするもの」への見方が変わりました!

吉田紗綾