スムーズな掃除のコツ

こんにちは!DHCLifestyleCouncl研究員の宮世真理子です。
今週のテーマは「上手な収納で、素敵な部屋づくり」
幸せ住空間セラピスト古堅純子さんにお話を伺っています。

今日は「掃除」のお話。
片づけと同じぐらい大事なのが掃除!
でも片づけに時間がかかって、掃除ができずに終わってしまう人は多いようです。

掃除の悩みで多いのが「時間がないこと」。
部屋をキレイにしたい、掃除をしたい!という気持ちはあるものの、
なかなか時間が作れないという方は多いそう。

一見そんなに汚れてないように見えても、ものが多い家は要注意。
モノが多いと風通しが悪くなるし、物は熱や湿気を溜めてしまうので、
実は裏がカビだらけ!なんてことも。
気づかないうちに家を傷める原因になっているんです。

モノが多く散らかっていると、掃除の前にまず片付けをしなくてはいけません。
普段からモノは定位置にしまって、掃除がしやすい環境を作っておくことが大切です。
掃除の負担を減らして上手に進めるには、
まず「ものを減らす」ことも意識してみてください。

掃除と一言でいっても色々ありますが、何から始めればいいのでしょうか?
まず手をつける場所として古堅さんがおすすめするのは「水回り」

床の汚れや棚に溜まったホコリなどは、多少放っておいてもすぐに拭き取れますが、
水回りの汚れは放っておくと深くこびりついて、掃除が大変になる場合が多いんです。

水回りはキッチン、トイレ、洗面所、風呂など毎日使う身近な場所。
キッチンのシンクを使ったあとに水滴をふき取っておく、
お風呂を出た時に排水溝のゴミを捨てるなど、
使うついでにサッとひと拭きするだけで、日々の掃除はとってもラクになりますよ。

掃除は年末にまとめてやる!休みの日にやる!という方が多いと思います。
でもせっかくの休日が苦手な掃除で終わるって、なんかちょっと残念。
休みの日にゆっくりするために、掃除にかける時間をなるべく減らしていきたいもの。

掃除のコツは「溜めないこと!」
モノを溜めないことで汚れが見えやすくなる。
汚れを溜めないことで、掃除の時間は短くなる。
普段から掃除しやすい環境づくりをしておくことが大事ですね。

宮世真理子