収納に大切なルールとは?

こんにちは!DHCLifestyleCouncl研究員の宮世真理子です。
今週のテーマは「上手な収納で、素敵な部屋づくり」
幸せ住空間セラピスト古堅純子さんにお話を伺っています。

今日は「収納」について詳しくお聞きしました。
上手に収納をして部屋をスッキリ見せるにはどうしたらいいのでしょうか?

収納家具は棚やラックなど色々ありますが、収納をするために家具を増やすことで、
部屋を狭くしてしまっている方が多いんだそうです。
ものを片付けて部屋をスッキリさせるはずが、収納ばかり増えて狭くなるという悪循環。

生きているとどうしても物は増え続けますし、
家族が増えればさらにたくさん増えていきます。

大切なのは「増える物に部屋を合わせるのではなく、部屋に合わせて物の量を考えること」

むやみに収納グッズを増やすのではなく、家にあるものを最大限使って収納をし、
入りきらない物は持たないことが部屋をスッキリ見せるためのルール。

家の片付けを一人で頑張っているというアナタ!
家族にも協力してもらうにはどうしたらいいのでしょうか?
古堅さん曰く「片付いた状態のキレイな部屋を一度見せること!」

ただ言葉で「片付けて」「散らかさないで」と言っても、なかなか動いてはくれません。
見本となるようなキレイな部屋を一度見せることで、
「こんな風にすればいいんだ!」と実感できる。
そしてキレイな状態をキープしたくなり、自然と片付けるようになるんだそうです。

疲れて帰ってきた家が散らかっていると、みんなイライラしてしまいますが、
キレイに片付いていて気持ちよく過ごせると、気持ちにも余裕ができて、
家族がお互い優しくなれるんですよ~、と古堅さんはおっしゃっていました。

家族みんなが仲良く気持ちよく暮らすために、収納の仕方、
いろいろ工夫してみてくださいね。

宮世真理子