なぜ片付けられないのか??

こんにちは!DHCLifestyleCouncl研究員の宮世真理子です。
今週は「上手な収納で、素敵な部屋づくり」というテーマで、
幸せ住空間セラピスト古堅純子さんにお話を伺っています。

今日は女性にありがちな片付け事情についてお聞きしました。
女性には片付けが苦手な方が多いイメージがありますが、なぜでしょうか?

それは「持っているアイテム数が圧倒的に多いから!」と古堅さん。
子供のおもちゃにしても、男の子は電車や車などシンプルなものが多いのに対して、
女の子は人形遊びにしても洋服や小物など、細かいアイテムがたくさん。

オシャレをしだすと化粧品やアクセサリーに・・・と、
とにかくたくさんのアイテムに囲まれている人が多いんです。
アイテムを集めるのは楽しいけれど、その習慣が
「片付けられない」という壁になってしまうんですね。

もう一つ多いのが「ものが捨てられない」問題。
シーズンごとに増え続ける洋服、使い切らない化粧品、
つい買ってしまう通販商品…

捨てられないなら物を買わなければいいのですが、つい増えてしまうんですよね。
古堅さん曰く、大切なのは「本当に好きなもの、使いたいものだけを買うこと」
まずは”物を増やさないようにする意識”が大切です。

皆さん、買い物した時の紙袋や通販で届いた箱、ちゃんと捨てていますか?
古堅さんはこういった人たちを「妖怪紙袋オンナ」
「妖怪箱オンナ」と言っているそうです(笑)

丈夫そうな箱や袋だとつい、いつか収納になるかも・・・なんて思ってしまいますが、
それが片付けや収納の邪魔になっている場合もあるんです。
箱を捨てればスペースができるのに、箱のせいでものが片付かない。
そんな人も多いようです。

仕事や家事で忙しい中、大して必要じゃない物たちのために、
大事な時間や家のスペースを使うのはもったいない!
片付けにかかる時間が減ればもっと好きなことができるし、
使わないものを捨てればもっと好きなものを置くことができますよね。

物を買う前に「本当に必要かどうか」ちゃんと考えて、
必要のないものは買わない、という習慣を身につけてみてくださいね。

片付けの前段階として「ものを増やさない、散らかさない」ことも意識してみてください。

宮世真理子