アロマテラピーを学んでみよう!

DHC Lifestyle Council 研究員の井手美穂です。
今週のテーマは『アロマテラピーを学んでみよう!』

〝アロマ″や〝アロマテラピー″というと、香りを使ってリラックスする…
そんなイメージですが、もう少し詳しく学ぶべく!
一般社団法人アロマリーディング協会、代表の笹本英恵さんにお話を伺っていきます。

「選ぶ香りに意味があることに注目して、香りを用いた心のケアの手法」
これがアロマリーディング。
選ぶ香りに意味がある・・・とはどういうことなんでしょう?

「香りを選ぶときにどうやって選んでいますか?」と聞くと、
リラックスしたいからこの香り!とか、リフレッシュしたいからこの香り!など、
効果・効能で選んでいる方が多いんだそうです。

でも頭で考えるのではなく嗅覚に任せてあげると、本当に心にとって必要なものや、
体にとって必要なものにたどりつけるんだよ・・・ということを伝えたくて、
「アロマリーディング」という言葉を作ったという笹本さん。

笹本さんはアロマに関する仕事をしていて、情報が溢れている現代は、
「この香りはこんな効果があります」という知識を先にイメージして、
香りに向き合う人が多いと感じているのだとか。

アロマリーディングは、自分が何の香りを好むのか知らないまま選ぶ。
そして、選んだ香りで自分が何を求めているのかがわかる!
というカウンセリングなんだそうです。これは気になります!!

今週はこのアロマリーディングについて詳しく伺っていきます。
笹本さんが代表を務めるアロマリーディング協会の
ウェブサイトもぜひ覗いてみてくださいね。

井手美穂