まつげのケアも忘れずに!

DHC Lifestyle Council研究員の吉田紗綾です。
今週のテーマは「素敵な目元の作り方」
目元プロデューサーの垣内綾子さんにお話を伺っています。

今日は「まつげのケア」について。

長くて濃いまつげは女性の憧れですが、
年齢を重ねるにつれて、まつげが薄くなると感じる方が多いようです。
まつげにも毛周期があり、一日に5~10本抜けていて、
三ヶ月~半年で生え変わっています。

長くて健康なまつげを育てるために大事なことは「清潔に保つこと」
まつげの悩みで垣内さんのところに来る人は、
アイメイクの落とし残しが非常に多いんだとか。
まつげが少なくなってきている人は、土台づくりがしっかり出来ていないんだそうです。

まつげの生え際にメイクが残っていると、毛根をふさいでしまい、
生えてくるのを阻害してしまいます。
指の腹で優しく、まつげのキワまでしっかりクレンジングすることを心がけましょう。

最近はまつげエクステをしている人も多いですよね。
垣内さん曰く、多くの人が長いまつエクを付けると目が大きくみえる!
と勘違いしているとのこと。

まつげの生え方は、上向き・下向きなど十人十色なので、長いまつエクを、
下向きに生えている人に付けるとスダレのようになり、
白目にかぶさって、よけい目が小さく見えてしまうんだそうです。

長いものをつければ大きく見えるというわけではないので、
しっかりカウンセリングを受けて、
ご自身の目に合ったエクステを選ぶようにしてみてください。

また、毎日のメイクを綺麗に仕上げるため、
上手なマスカラの選び方についても教えていただきました。
目元は小さなパーツなので、ブラシが大きいと塗りにくいそうです。

ブラシは小さめの方が塗りやすく、きれいに仕上がるとのこと。
また、繊維が入っているものはダマになりやすいので、
まつげ一本一本を扇状にきれいに広げたいなら、
繊維が入っていないものがおススメだそうです。

まずは清潔に保って健康なまつげをしっかりと育ててみて下さいね。

吉田紗綾