2019秋のメイクトレンド

DHC Lifestyle Council 研究員の柳原亜希子です。
今週は「夏の肌トラブルケア&秋のメイクポイント」をテーマに、
メイクアップアーティストの池田寿賀子さんにお話を伺っています。

早いもので8月もあと数日。
夏も終わりに近づき、ファッションも秋物が並んでいます。
メイクも夏から秋へシフトチェンジ!
気になる今年の秋メイクはどんな感じなんでしょう。

池田さん曰く、キーワードは『セミマットフェイス&スモーキーカラー』

ファンデーションなどベースメイクは、ここ数年艶感が主流でしたが、
今年の秋はマットでもなく艶感でもない「セミマット」
中間あたりのナチュラルな感じがトレンドだそうです。

そして色味としては、カーキやネイビー、ボルドーといった
「スモーキーカラー」が今年のトレンド。
どんな色でもくすみっぽい色味にすれば、グッと今年らしい秋色カラーになるそうですよ。

例えばマスカラやアイラインをカラーのものに変えてみる。
いつものブラックやブラウンで目元を仕上げるのではなく、
ネイビーやボルドーにしてみるとグッと今年っぽくなるそうです。

マスカラやアイライナーをカラーにするのはちょっとハードルが高い・・・
という方は、アイシャドウをスモーキーカラーにしてみるだけでも、
秋っぽくなって今年らしさが出そうですよ。

そして今年らしさを演出するポイントとして「眉毛」を変えてみましょう。
時代の流れは眉毛に表れます。
今年らしい眉毛、さらにリップにひと手間加えるとより今年流行の顔になれるんだとか。

明日はそんなトレンドの秋顔になれるワンポイントを教えていただきましょう。

柳原亜希子