2019年、下半期の美運・健康運アップ!

DHC Lifestyle Council、研究員の柴田幸子です。
2019年もあっという間に上半期が終わろうとしていますね。
どんな半年だったでしょうか。
そして残り半年!さらに素晴らしい毎日を過ごしていきたい!
ということで、今週は「2019年下半期の美運・健康運アップ」をテーマに、
心理セラピストでエッセイストのIkuko Tuneさんにお話を伺っていきます。

2019年、上半期から下半期へ。流れはどう変わっていくのでしょうか。
2020年に東京オリンピック・パラリンピックが開催されるということで、
全体に活気のあるポジティブなエネルギーが流れていきそうです。
美運・健康運にも、もちろん良い影響が出てきそうなんだとか。

ただ梅雨明け頃から、サイクルが少し変わってきます。
季節の変わり目は、良い意味でポジティブな気持ちにもなるんですが、
精神的に張り切りすぎてしまうと無理をしてしまい、体調を崩したりダウンしやすい時期。
頑張り過ぎないよう、ちょっと気をつけた方がよいそうです。

Ikukoさんがカウンセリングをしている中で、7月と12月が、
「落ちてしまう人が多い」月なんだそう。
相談件数が一番多くなるのがこの時期なんですって!

これは人間のサイクルの中にあること。
7月、12月は「いったん立ち止まって考えてみましょう」という時期なんだとか。
そこを突っ走ってしまうとつまづいてしまうので、この7月、12月を
少し慎重に生活していくと、大きく転ばずにすむはずです。

もちろん、キレイと元気に関しても、この時期を大事に丁寧に過ごしていくことで
良い方向に進んでいくかもしれません。無茶をしないということが大事。
ポイントは「ポジティブさ!」
ネガティブになるとキレイと元気から遠ざかってしまうので、
頑張り過ぎず、でもポジティブに!を意識してみると良さそうですね。

柴田幸子