本当に口内炎?隠れた病気とは

こんにちは!DHC Lifestyle Council研究員の宮世真理子です。

今週は【口内炎について学ぼう】というテーマで
東京銀座シンタニ歯科口腔外科クリニック新谷悟院長にお話を伺っています。

今日は「口内炎に隠れた病気」について。
口の中が炎症を起こしても「たかが口内炎」と軽く考える方が多いと思います。
確かにただの口内炎であればそんなに心配はしなくていいのですが、
中には別の病気がが隠れていることもあるのです。

通常の口内炎であれば、2週間あればほとんど治ります。
2週間経っても治らないという場合は要注意!

口内炎だと思っていたものが実は「口腔がん」の場合があるんです。
舌がん、頬粘膜がん、歯肉がん、口蓋がんなど、口腔内にできる癌はたくさんあります。
そして「前がん病変」という放っておくと癌になるかもしれない病気もあります。

口内炎なのか、口内炎ではないのか…これは見た目ではなかなか違いがわからず、
耳鼻咽喉科や口腔外科の先生が見ても判断が難しいそう。
危険かどうかの判断基準として、まずは「2週間程で治るかどうか」がポイントになります。

そしてもう一つのポイントは「痛みがあるかどうか」です。
ガン性の潰瘍や前がん病変はあまり痛みを感じないんだそう。
多少しみることはあるようですが、口内炎のような食事が辛いほどの痛みがないので、
そのまま放っておいて悪化してしまうこともあるんだそうです。

口内炎が2週間以上長引いていないか?
普段の口内炎と比べて痛みに違いはないか?
口内炎ができてしまったらこの2つはしっかりチェックしてくださいね。
おかしいなと思ったら、内科、耳鼻咽喉科、歯科を受診しましょう。

そして気を付けたいのが、もし病院で「口内炎だから大丈夫」
と言われたとしても、それで終わりにしてしまわないこと。
口内炎と癌を見た目で判断するのは難しいので、その後もきちんとセルフチェックをして
なかなか治らないようであれば再度受診することが大切です。
「先生が大丈夫と言ったから大丈夫」と放置して、
癌が進行してしまったというケースもあるそうです。

2つのポイントをしっかりチェックして、
口内炎に隠れた危険を見逃さないように気を付けてくださいね!

宮世真理子