意外と知らない口内炎の話

こんにちは!DHC Lifestyle Council研究員の宮世真理子です。

今週は【口内炎について学ぼう】というテーマで
東京銀座シンタニ歯科口腔外科クリニック新谷悟院長にお話を伺います。

皆さん、口内炎ってどんなイメージですか?
ある日突然ぽつんと出来て、地味に痛い…でもそのうち治るからあんまり気にしない…
そんな方も多いんじゃないでしょうか。
私自身もできてしまうと「厄介だな~」と思いつつ、深く考えず放っておくタイプ!

でも実は、色んな種類や原因があったり、思いがけず別の病気だったり…
ということもあるのが口内炎。この機会にしっかり学んでいきましょう。

口内炎とは「口腔内の粘膜にいろんな原因で起こる炎症病床の総称」
口の中にできる炎症を全部ひっくるめて口内炎と呼ぶんだそう。

口内炎ができる原因には、色々なものがあります。
細菌、真菌(かび)、ウイルスなどの感染、薬物などの刺激やアレルギーによるもの。
うっかり噛んでしまったり、熱い物を食べてヤケドしたところから…ということもあります。
中には白血病やがんの放射線治療などでできてしまう場合もあります。

口内炎は栄養不足でできるか、噛んだ後に炎症がひどくなる…
ぐらいのイメージだったので、その原因や種類の多さに驚きました!

また、あらわれる症状もびらん型、水泡型、紅斑型など様々です。
確かに口内炎ができたとき鏡で見てみると、
ぷくっと水泡ができていたり、赤く腫れていたり、結構違いますよね。

口内炎を引き起こす原因、症状、そしてそれぞれどんな特徴があるのでしょうか?
さらに詳しく学んでいきましょう。

宮世真理子