部分別エクササイズ「足編」

DHC Lifestyle Council、研究員の柴田幸子です。
今週は【今なら間に合う!気になる部分別エクササイズ】をテーマに
パーソナルトレーナーの鈴木隆介さんに簡単エクササイズを教えて頂きました。

最後は【引き締まった足】にするためのエクササイズ!

「美脚」は女性の永遠の憧れ。ただ個人的には一番結果を出すのが難しい部分…
のようにも思うのですが、足に関しては女性の場合、あまり太くしたくない部位、
ということで、足痩せというのはやはり難しいんですよね。

足痩せで一番重要なのは「日常、どこに体重を乗せて立っているか」ということ。
普段、太ももの前を使って立っている場合は、前の筋肉を使ってしまっているので
いくらトレーニングをしていても中々足が細くなりません。
理想的な立ち方や歩き方をするためのポイントは!?
「お尻に体重を乗せる事」なんだそう。

普段からお尻で自分の体重を受け止めている感覚で立つというのがポイントになります。
少し後ろの方に体重をかけるということですね。
つま先の方に体重を乗せると、太ももの前が緊張するのが分かると思います。
そうではなく足の裏全体で体重を乗せると、どこか特定の筋肉が緊張するわけでもなく
全体で体重を受け止めていることになるので、まずはそういった立ち方を意識することが、
根本的に足をキレイにする上では大切なんですね。

ヒールを良く履くという方も多いと思いますが、重心が前のめりになりがち。
ただヒール自体はそんなに悪いという訳ではないそうで、
ヒールのピンに体重を乗せる意識で歩くと良いそうです。

重心の置き方に気を付けることのほか、エクササイズを一つ教えて頂きました!

足に関しては、足の付け根の関節「股関節が柔軟に動くこと」が重要になります。
足の付け根の関節はクルクル回るように、非常に可動域が広い関節。
ここが硬くなると全体的に足が太くなりやすくなるので、
そこをほぐして引き締めるようなエクササイズが効果的なんだそうです。

体育座りをして足のうらはそのまま固定。
その状態で膝を開いたり閉じたりを繰り返しましょう。
膝を外側に倒したり立てたりを繰り返してパカパカさせるイメージ。
足の付け根が動いているのを感じますよね。
40~50回を何セットか繰り返すことで、足痩せの手助けになってくれるそうです。

直接的に足の一部分を鍛える…ということより、
まず股関節を柔らかくして可動域を広げる事が大切になってくるんですね。

ビデオ3

パーソナルトレーナー、鈴木隆介さんのスタジオは東京・神保町にあります。
とても分かりやすく教えてくれますので、ご興味のある方は是非!

【スタジオ ボディリンク】
東京都千代田区神田神保町2-10-31 iwビル6階
03-6386-3426(電話受付時間:平日10:00~17:00)

柴田幸子