あなどってはいけない、冬の汗

DHC Lifestyle Council 研究員の柳原亜希子です。

寒さも一段と厳しくなってくるこの季節。皆さんはどんな風にお過ごしですか?
寒いのがとにかく苦手な私は…外出の際にはとことん着込む!
保温性の高いインナーに厚手のセーター、
風を通さない上着などなど、寒さ対策は人一倍バッチリです。

実はそんな“厚着”が、冬特有の「におう汗」を出している事をご存知でしたか??

今週のテーマは『冬の汗』 福岡市中央区大名にある
サクラアズクリニック伊東慶子院長にお話を伺っています。

伊東先生によると冬の汗の特徴は、
「主に“ワキ”に多くかく」
「大粒でベタベタとした“悪い汗”が出る」

汗の質は暑さに対する“慣れ”だと言われています。
夏は気温が高くなって、暑さにさらされる。そうすると身体に慣れが生じ、
汗をかきやすくなります。大量の汗をかくことによって
汗の塩分濃度が低下し、いわゆる「サラサラの良い汗」となるんですね。
一方で冬は、汗をかく機会が減って“汗腺”の機能が衰えてしまい、
塩分濃度の高い汗、「大粒でベタベタとした悪い汗」が出てしまうそうなんです。

なるほど。悪い汗…とは言え、夏ほど大量に汗をかくわけではないし、
そこまで汗対策は必要ではないよね~、と思ったアナタ!
あなどってはいけません。

冬は厚着をするので汗が蒸発しづらい上に、塩分濃度も高い。
ワキの下などに汗をかくと雑菌が繁殖しやすくなってしまうんだとか。
その結果、強烈なニオイの原因にもなってしまうそうです!

汗の量ではなくて、汗の質。夏よりも冬の方が汗は臭うんです。
明日は冬特有の汗のニオイについて、詳しく伺っていきます。

柳原亜希子