爪のトラブルはどうして起こるの?

こんにちは!DHCLifesyleCouncil研究員の宮世真理子です。
今週は「爪トラブルを改善してネイルを楽しもう!」というテーマで
プティスーザネイルスクール校長の有東秀峰さんにお話を伺いました。

今日は爪のトラブルについてのお話。
まずは私自身もよく起こる「二枚爪」「爪の割れ」
指から離れた部分だと痛みはないものの、服をひっかけちゃったり…
なかなか厄介ですよね。二枚爪の主な原因は【乾燥】です。
普段オフィスワークで書類など紙をよく触る方の場合、
紙に爪や指の油分がとられて乾燥してしまうことも。
そしてパソコンのキーボードを打つ衝撃なども原因になることがあるそう!
日々当たり前にやっていることでも指や爪に負担がかかっていたんですね。

そして爪に横溝が入ったり、表面がデコボコになってしまう症状。
爪をよくいじる癖のある方だと、その刺激が外的要因となって起こってしまいます。
またストレスによる内臓疾患や体調の乱れから起こることもあるそうです。

日ごろのちょっとした癖や衝撃、ストレスからも起こってしまう爪トラブル…
爪って、実はとてもデリケートなんですね。

ではこれらのトラブルを改善するには?
手にハンドクリームやハンドローションを塗っている方は多いですよね。
中にはキューティクルオイルやクリームなど
爪用のケア用品を使われている方もいると思います。
これらを使う前にちょっとひと手間!
”化粧水”をつけてみて下さい。
お肌のケアと同じで油分をつける前に水分を入れてあげると、
かなり仕上がりが違ってくるそうですよ!

「爪も肌の一部」。この意識をもってしっかりケアしていきましょう。

宮世真理子