背中のスキンケア

DHC Lifestyle Council 研究員の井手美穂です!
今週は、ニキビ専門皮膚科Acne Studio西川嘉一統括院長と一緒に、
『目指せ、背中美人!』というテーマでお送りしてきました。

背中のスキンケアは、人それぞれ違ってくるというお話を聞いてきました。
顔のスキンケアにおいては「保湿」がとても大事だと言われますが、
背中の場合は、保湿が大事な人と、そうではない人がいるとのこと!
これは、顔と体の肌質や汗のかき具合などで変わってくるのだそうです。

顔が乾燥しがちだから、体も乾燥する…と、
保湿をたっぷりしているのにニキビが背中にできてしまうという方は、
もしかしたら背中は潤っている可能性もあるのだとか。

・・・これは自分ではなかなか判断できないのでは・・・!?
と思ったのですが、
西川統括院長が、見分けるコツを教えてくださいました!

基準にするのは、自分の二の腕の内側の肌質
肌に何もつけていない状態で、二の腕の内側を触ってみて、
そこよりも乾燥しているのか、湿っているのかという判断をするといいそうです。
よくスキンケア用品では「乾燥肌用」「オイリー肌用」など、
それぞれの特徴に合わせたものがありますが、
それを選ぶ基準にしてもいいかもしれないですね!

ただ、それでもイマイチよくわからない…というかたは、
皮膚科の先生に相談して、判断してもらうのがベストだそうですよ!

意識してみないと気づかない背中の美しさやケア方法。
お気に入りのファッションを思い切り楽しむためにも、
背中のお手入れ、しっかりしていきましょう!

井手美穂