緊張型頭痛ってなに?

こんにちは!DHC Lifestyle Council研究員の宮世真理子です。

今週のテーマは「頭痛にもいろいろあるって知ってる?」
お話を伺ったのはヴェスタクリニック銀座の馬杉綾子先生です。

今日は慢性頭痛のひとつ、緊張型頭痛について伺いました。
ちょっと聞き慣れない名前ですが、どんな頭痛なのかというと…
頭の両側がぎゅーっと締め付けられるような痛みで、
パソコン作業など同じ姿勢を長時間続けることで起こります。
頭の横側や首の後ろの筋肉、首から背中にかけての筋肉が凝ることで
痛みを感じる神経が刺激され、頭痛が起こるのです。
肩コリと頭痛ってセットというイメージ、ありますよね。
体の疲れやストレスが原因で、午後から夕方にかけて強く出るのが特徴。
長時間デスクワークされる方などは要注意です。

長時間同じ姿勢で作業するときは、小まめに休憩をとるよう心がけ、
軽いストレッチなどで筋肉をほぐしてあげましょう。
また肩周りの血行を良くするため肩のホットパックなども効果的!
ゆっくりお風呂に浸かるのも大切ですよ。

また精神面のストレスが頭痛に関係していることも。
ストレスが加わると痛みを感じる神経が過敏になり緊張型頭痛が
長引くこともあるそうなので、精神面のケアも大切です。

痛みが強い場合には鎮痛薬を使うこともあるので
なかなか改善されないという方は一度クリニックに相談してみて下さいね。

明日は片頭痛について詳しく伺います!

宮世真理子