保湿に効果がある温泉成分とは?

DHC Lifestyle Council 研究員の井手美穂です!
今週は、”乾燥に負けない入浴法“というテーマで1週間お届けしてきました!
お風呂の入り方やその後のケアのやり方で、
気になる乾燥も対策できるんだ!ということがわかってきましたね〜♪

今日は、早坂教授に温泉のお話を伺いました!

保湿に有効な温泉の成分は”塩化物泉“というもの。
いわゆる”塩”は、保湿と保温に良いということ。
塩の成分が、皮膚の表面に膜を作ってくれるので、
保湿や保温効果があるそうですよ!
同じような効果がある成分として、”硫化物泉”もあるそう。

なので、温泉に入りに行ったり、スパに行った際には、
“塩化物泉”や、”硫化物泉”が入っているものを探すもよし、
おうちでは、バスソルトを使うのもオススメです!

そして、早坂教授が教えてくれた、
保湿効果が期待できる九州の温泉スポットは、
・鉄輪温泉(大分県)
・天ヶ瀬温泉(大分県)
・嬉野温泉(佐賀県)
・指宿温泉(鹿児島県)
・・・など!
お出かけの際には、こういった温泉の成分の効果を元に、
行き先を決めるのも良さそうですね♪

今週の研究レポート、聞き逃してしまったという方は、
radikoのタイムフリー機能を使って、是非聞いてみてくださいね!

井手美穂