夏バテの体に要注意!ヘルパンギーナ

こんにちは!DHC Lifestyle Council研究員の宮世真理子です。
今週のテーマは「子供から大人にうつってしまう病気」ということで
みらいメディカルクリニック茗荷谷小児科
一般社団法人みらい予防医学振興会」の梅香路敦子先生にお話を伺っています。

昨日お届けした手足口病と並んで”子供の三大夏風邪”といわれている一つ、ヘルパンギーナ。
夏季に流行するウイルス感染症で、ウイルスの潜伏期間は3日~1週間と言われています。
感染経路は飛沫感染、接触感染など。1歳~5歳くらいの子供が多くかかる病気です。

症状としては39度ほどの高熱が2~3日、
そして口の中や喉が真っ赤に腫れるという状態が5日ほど続きます。
同じ夏風邪ということで昨日お届けした手足口病と少し似ているように思いますが、
手足口病とは違って39度ほどの高熱が2~3日続き、腹痛や下痢を引き起こす場合もあります。
皮膚に湿疹は出ませんが口の中や喉が真っ赤に腫れ、食べ物を摂るのが難しくなることも…。
5歳以下の子供だと熱誠痙攣や髄膜炎を起こす可能性もあるので注意が必要!と
手足口病と比べると少し重い症状が出る病気です。

このヘルパンギーナ、子供を看病する中で
大人にうつってしまうこともよくあるんだそうです。
暑さによる睡眠不足や疲労で、夏バテなど体調を崩すことも多い夏。
そんな免疫力が下がった状態では感染しやすく、子供より高熱が続いたりと
症状が重く出ることもあるので予防することが大切です!

くしゃみや咳からうつる飛沫感染の予防としてマスクの着用。
そして子供の触ったおもちゃなどからうつる接触感染、
経口感染の予防として手洗いや身の回りの物の消毒など、
「このくらいいいかな」「自分は大丈夫だろう」とは思わずに気を付けていきましょう。
免疫力を下げないための体調管理も大切ですね!
睡眠と栄養をしっかりとって、
ウイルスを寄せ付けない元気な体作りも心がけてくださいね。

宮世真理子