元気になる思い出の1曲

DHC Lifestyle Council 研究員の柳原亜希子です。

にぎやかな年末年始も過ぎ、ちょっと一息つくこの季節。
コタツにでも入ってゴロゴロゴロ…のーんびり過ごしたい所ですが。

受験生の皆さんには追い込みの季節がやってきましたー!
実は私の甥っ子も大学受験の真っ最中。
眠気と戦いながら日々頑張っています。

そこで頑張っているアナタへ!
今週は“元気になれる冬のオススメソング”をお届けしています。
本日火曜日は私、柳原が担当致しました♪

私のオススメソングは…大橋卓弥さんの『はじまりの歌』!

この曲はスキマスイッチの大橋さんの最初のソロソングになります。
リリースされたのは2008年の2月。
もう10年前になるんですよねー!びっくり。

大橋さんの伸びのある歌声は温かくてずっと好きなのですが、
この曲は特に歌詞が心にグサッと来るんです。

「向き合うのは成果ではなく、胸に住みついた弱虫。
うまくいかなくって苦しくて涙が溢れ出したら、ほら一つ前に進めたっていう証。」

当時、仕事の事やこれから先
どう進んでいくかに悩んでいた私には、あまりにもストレートに心に響きました。

受験生、春に向けて新生活をスタートさせる社会人の方、
日々お仕事に家事に奮闘している皆さんへ。
不安と期待が入りまじるこの季節に、是非聴いていただきたい私のオススメの1曲です。
心が前向きになりますよ♪

さて、甥っ子の合格発表まで家族も緊張の日々…(汗)
受験生の皆さん、本当―にファイトです!!
そして毎日頑張っている全ての人に、春には素敵な花が咲きますように…。