「エコ&ウェルネス」な暮らしも体験!

DHC Lifestyle Council 研究員の柳原亜希子です。
今週は、先月に舞鶴公園で行われた
“エコ&ビューティ”というイベントのレポートをお送りしています!

さて、水曜日の今日は、“エコ&ウェルネス”のブースをご紹介!
こちらには体験型のブースがたくさん出展されていて、
エコをテーマにした手作りのワークショップが開催されていました。

とってもにぎやかだったのが、『母娘で作るアロマクラフトワークショップ』。
オーガニックのアロマを使って、色付きのリップクリームを手作りしていましたよ!
えー!リップクリームって作れるの?!という私の驚きはさておき。(笑)
お母さんが娘に初めてのオシャレをさせたい、でも安心安全なものを使ってほしい…
娘を思うお母さんの想いが“Dear Daughters”というテーマに込められていました。
植物性の香りは、不安定になりやすい10代の心へ安心感を与えてくれるそうです。

参加した中学1年生の女の子にお話を聞くと…
「妹と一緒に作って、経皮毒の事も学べたし、アロマの香りが自分で選べて楽しかった!」
キラキラした笑顔がとっても印象的。私までほっこりした気持ちになりました。

そして会場を見渡すと、中央には大きな木材で作られたツリーが飾られていました。
こちらは、“廃材で伝える願いのエコツリー”。
工場などで不要になった木材などを使用して自分で色を塗り、
そのオーナメントにエコに関する願いを書いて飾り付けし、ツリーを完成させていくのです。

こちらのワークショップにご協力いただいていたのは、福岡市中央区にある
“マテリアルマーケット”の皆さん。廃材を“素材”として販売する活動をされています。

「何でも使い捨てにするこの時代で、
もう一度、物を大切にする気持ちを知ってもらえればいいですね。」

とても廃材だとは思えないほどキレイな木材。
余りある資源に溢れ、常に新しい物が手に入る時代だからこそ、
手間暇かけて自分で作る事で、改めて物を大切にしようという想いが芽生えるのかも知れません。

さて明日は、“女性の体診断室”というブースをご紹介します!お楽しみに!